September 2016 Featured Roaster - OTOMONI COFFEE / MIE


by Yozo Otsuki August 01, 2016 0 Comments

I met Iwata san at last summer’s Tokyo Coffee Festival and his story instantly intrigued me. He operates in essentially a shack, renovated from an old storage room for farm equipment which was used by his grandparents. In a remote location where specialty coffee is not accustomed to, Iwata san studied roasting from scratch with his Diedrich roaster, slowly perfecting his craft - he’s constantly perfecting his craft throughout his 5 years of roasting experience, taking him 3 years to get to a level which he thought he can provide to his customers.

With a background in architecture and design, Iwata san found his love for coffee while on a working holiday in Canada, and decided to jump into the field after recognising his true passion. The coffee will be roasted on his beautiful Diedrich 1kg, an uncommon machine in Japan, but which he fell in love at first sight due to the design. With only a 1kg roasting capacity, it was a challenge for Iwata san and Kurasu to coordinate to provide coffee for all our members, we're happy to be able to showcase Iwata san's passion and Otomoni Coffee to the world. 

A message from Iwata san:

"We put a lot of thoughts into which coffee to choose, given this wonderful opportunity to introduce our Otomoni coffee to the customers in Japan and all over the world.

We assumed for the most part that a lighter roasted pallet would be what the subscribers want - both for Japanese who are familiar to the specialty coffee scene, or overseas subscribers eager to explore the unique characteristics or the acidity of beans.

Our first intuition was to provide both beans as lightly roasted, but we also wanted to tell our strength and uniqueness as Otomoni Coffee, providing variety of roasts for our local customers.

In the end we decided to prepare two different beans: a Brazilian medium roast which is unique but has a lovely acidity, and very fresh, new crop Kenia medium-dark roast.

We would like the Japanese customers to know more about Otomoni coffee, but also introduce to the international subscribers the Japanese local coffee culture rooted in darker roasting through our Kenya."

 

ロースターの岩田さんとは前回の東京コーヒーフェスティバルで初めてお話しさせていただき、お会いした瞬間から彼のロースターに興味を持ちました。

三重県松坂市という一見「スペシャルティコーヒー」とは馴染みのない場所で、どのようなスタイルで地元の方に提供されているのか、そしてどのような経緯からその場所で焙煎されることになったのか。

建築とデザインのバックグラウントを持つ岩田さん。

彼がコーヒーの面白さに出会ったのはワーキングホリデーで訪れたカナダ。そこで人々の日常と生活の一部に溶け込んでいるコーヒーの素晴らしさに初めて気づいた。

帰国後も他の職種の仕事につきながらも、もっと深くコーヒーと関わり合える仕事をしていきたいとこの世界に飛び込んだ。

使うロースターはデードリッヒの1kg。日本では珍しいマシン。デードリッヒを取り扱うロースターが少ないことからほぼ独学で技術を習得していった。日々の試行錯誤と実験をくりかえすこと、現在5年目。お客様に提供できるクオリティーにするのに3年かかったという。

1kgのロースターというキャパシティーで今回のサブスクリプションに提供していただくには相当な労力を要する中、岩田さんは快く私たちのオファーを受け入れてくれました。日本、そして世界のお客様にオトモニのコーヒーを届けるために。どうぞ9月を楽しみにしていてください。

「今回、国内外のお客様にオトモニのコーヒーを飲んでいただける機会を頂きどんなコーヒーを提供しようかとても迷いました。
海外のお客様や国内のコーヒー好きの方々は個性や酸味を楽しめる浅煎りのコーヒーを希望しているのかもしれません。
そういった考えから二種類とも浅煎りで提供する事も考えましたが、今回は浅煎りか深煎りまで揃えるオトモニコーヒーらしく、個性を活かしながら酸味のおいしいブラジルの中煎りと、フレッシュなニュークロップのケニアの中深煎りをご用意しました。
日本のお客様にはオトモニコーヒーの焙煎するコーヒーをもっと知っていただきたいですし、海外のお客様には深煎り文化の色濃く残る日本の地方都市の味わいをケニアで感じていただきたいと思います。」

 

 

 

Country / 国:Brazil ブラジル
Farm / 農園:Fazenda Barreiro バヘイロ農園
Roast /ロースト:High roast 中煎り
Area / エリア:Poços de Caldas ポッソス・ジ・カウダス
Altitude / 標高:1150m
Variety / 品種:Yellow Bourbon イエローブルボン
Process / 精製法:Pulped Natural パルプドナチュラル
Flavor / カップコメント:orange. cacao. honey. hint of pineapple. オレンジ、カカオ、蜂蜜、ほのかなパイナップルの香り

Country / 国:Kenya ケニア
Farm / 農園:Gikirima Factory ギキリマファクトリー
Roast / ロースト:City roast 中深煎り
Area / エリア:Nyeri ニエリ
Altitude / 標高:1800m
Variety / 品種:SL28 SL34 他
Process / 精製法:Washed ウォッシュド
Flavor / カップコメント:floral. grapefruit. apple. smooth. long after taste. フローラル、グレープフルーツ

Receive journal posts, product updates, discounts and more..



Yozo Otsuki
Yozo Otsuki

Author

Yozo is the owner director of Kurasu. Hopping between Kyoto - Tokyo - Sydney, he has a passion for coffee and relaying the beauty of Japan to the world.