Thank you, from Kawai san, Golpie Coffee

March 09, 2016 0 Comments

Thank you so much to our coffee subscription members for your continued support. 

We've received a message from Kawai san - the director of Golpie Coffee, February's featured roaster - on his experience through this coffee subscription service.

This is a new approach for us and would love to keep this channel of communication going. We don’t want this to be a one-way street in us just sending you beans.

It would be amazing if we can continue to receive feedback and give you the thoughts behind our team and the Japanese roasters we’ve selected.

Thanks again,
Yozo

Message from Kawai san: Japanese / English

・ニカラグア このコーヒーは日本でも発売当初はとても驚かれました。すごく個性的なフレーバーのコーヒーだと思います。 私も買い付け時にこの熟したフルーツ、まるでいちじくやバナナのようなフレーバーに驚き、買い付けることを決めました。 またこのコーヒーはニカラグアの生産者のエルウィンの物で、エルウィンはニカラグアでもとっても先駆的な生産者。 彼のもとを訪れるたびに様々な品種の栽培や生産処理方法にトライしている姿勢も見え、 その情熱を日本の消費者にも伝えたいという思いも継続的な買い付けを後押ししています。 ちなみにエルウィンはニカラグアの他にもホンジュラスにも農園を所有していたり、 COEのヘッドジャッジも勤めていたり、中米コーヒー界のスーパースターと呼ばれる存在です。

Nicaragua: The coffee from here was a shock to the Japanese market at first with its very unique flavour. I was surprised with its fruity flavour almost like fully ripe fruits such as fig or banana, and decided to purchase on the spot. Also, this coffee is produced by Erwin Mierisch, a pioneer of Nicaraguan coffee production. Every time we visit him we can see that he's been passionately experimenting and harvesting various kinds of coffee and series of production/processing methods, which always convinces us to purchase from him. Erwin is sort of like a super star of Central American coffee market, owning some farms in Honduras as well as in Nicaragua, and he is also working as a head judge at Cup of Excellence.

・ケニア このコーヒーは皆さんとてもよい評価だったように感じています。 皆さんご存知だとは思いますが、ケニアは世界でも優秀なコーヒー生産国ですね。 その反面、フレーバーの多様性というところでみると、まだまだポテンシャルを発揮しきれていない国のように感じます。 これはネガティブな意味ではなく、ケニアのコーヒーはどのコーヒーもフルーティで美味しい。 カシスやブルーベリーなど黒色をしたベリー系のフレーバーの要素を持つコーヒーが多いということです。 その中でも今回のコーヒーは、プロファイルの中にチェリーやベリーのフルーティなフレーバーを持ちながらも、 ラクティックと呼ばれるヨーグルトなどの乳酸菌食品に感じられる爽やかさと、はちみつのような甘さを感じられるところが珍しく、 出会った瞬間に衝動買いしてしまったコーヒーでした。みなさんにも”ラクティック”と”ハニー”を感じていただけたでしょうか?

Kenya: I saw from the survey and feedback that this coffee was very popular amongst the members. As you probably know, Kenya is famous for its high quality coffee production. However, I feel that there is still potential for improvements when it comes to the variety of flavours. I don’t say this in a negative way, the flavours are usually quite fruity and many are fantastic. Their coffee often has a black berry-like flavour, such as cassis or blue berry. Among these, this time I picked one with not just fruity, cherry-like flavour in its profile, also with refreshing "lactic" flavour which is similar to that of yogurt, as well as the sweetness of honey – this is quite a unique profile from Kenyan coffees. This originality hit me immediately and was the decision to make the purchase. I hope you could taste the "lactic" and "honey" flavour in your cup.

・全体を通して 今回、このサブスクリプションに参加させていただくにあたって、自分がコーヒーバイヤーとして、 カッパーとして、ロースターとして、コーヒーに何を求めているのかを考えるきっかけになりました。 「海外の方にも当店自慢のコーヒーを味わっていただきたい。何をおすすめしようか。」と考えたときに、 最初に出てきたのがこの2つのコーヒーでした。

今一度、原点に返り、お客様に一番おすすめしたいコーヒーを考えました。

そこで出た、今お伝えできるひとつの仮の答えとして、 当店でコーヒーをセレクトする際に大切にしていること、コーヒーに求めていることとは、 カッピングによる点数も大切な要素の一つではありますが、それ以上に日本のお客様、 日本人の味覚に愛される繊細な奥行きのある味や香りの個性を大切にしています。

生産国に行き、コーヒー以外にもいろいろな食文化に触れ、どこか日本食が恋しくなるのも、 我々日本人が繊細な奥行きのある味や香りの個性を大切にしているからなのだと再確認できました。

そんなことに気づけたのも今回のサブスクリプションに参加して、今までにない広い視野でコーヒーと向き合えたからだと思います。

今回得た、一つの仮説を元に、より多くの日本の顧客に日本らしいスペシャルティコーヒーを広めていきたいし、 海外のお客様にも、日本人が選ぶスペシャルティコーヒークオリティとして、ひとときの倖せなコーヒー時間を提供していけたらと思います。

この仮説を検証する次の場は「ワールドコーヒーロースティングチャンピオンシップ2016」です。 皆さんに教えて頂いたことが確信になるように頑張りたいと思います。

ありがとうございました。

Throughout the process of joining the Kurasu x Good Coffee subscription service, I had a great opportunity to reflect on "what I wanted from coffee" as a buyer, a cupper, and a roaster.

I instantly thought of these two selections when I asked myself which coffee I would pick and recommend to you, the members overseas.

I went back to the basics to select the coffee for this great opportunity.

Although scores from cuppings are an important factor, more so, I wanted to focus on the unique sensory of the delicate and complex flavours that characterize Japan and are loved by our Japanese customers.

By travelling overseas to the various coffee producing countries and being inspired by different coffee, cultures, and cuisines, there’s always that longing for Japanese food. Through these experiences, I realized that the Japanese people have their own unique sensory emphasizing these delicate and complex flavours.

I believe that thanks to this experience, to interact with your global members, I was able to open up my view of the world and its varying coffee cultures.

Through this interaction and your feedback, it reinforced my desire to keep on providing specialty coffee to our domestic customers, as well as providing to our global customers, our coffee with a "Japanese” style and experience.

Our next test is the "World Coffee Roasting Championship 2016". We will do our best to validate what we’ve learned and what you’ve taught us.

Thank you so much.

・追伸 コーヒーの海外向け出荷サービスを開始いたしました。 日本では有名で安全なRakutenというショッピングモールを利用して販売しています。 ぜひ今回お届けしたコーヒーの他にも自慢のコーヒーを取り揃えています。 ぜひご利用ください。

P.S. We have started a global coffee shipping service. We provide coffee at Rakuten, a Japanese leading online market.

Store:

http://global.rakuten.com/en/store/golpiecoffee/

ゴルピーコーヒー 松屋コーヒー部 河合 佑哉

Golpie Coffee Matsuya Coffee Department Yuya Kawai

 

 



JPY